桐たんす、あれこれ

桐の特徴

    断面図

    写真01 桐断面

なぜ桐がいいの?

桐は日本国内の木材としては最も軽いとされています。 湿気を通さず、割れや狂いが少なく、さらに虫や腐食に強いという 特徴もあり、古くから高級木材として重宝されてきました。

かつて日本では女の子が生まれると桐を植え、結婚する際にはその桐で箪笥を作り、嫁入り道具するという風習がありました。

桐の生長は15~20年、成長が早く、ちょうど 娘が嫁に行く年齢に伐採ができる木なのです。また、桐は発火しづらいという特徴も
あるため、箪笥の他に金庫などの内側にも用いられます。

桐の性質・特徴を知ろう!

桐について

    キリ(桐、学名:Paulownia tomentosa)は、
    ゴマノハグサ科(あるいはノウゼンカズラ科、独立のキリ科 Paulowniaceae とする意見もある) キリ属の落葉広葉樹。漢語の別名として白桐、泡桐、榮。

    (wikipediaから抜粋)

  • 防湿・防虫効果

    桐の木には防虫効果があると言われています。
    それは、桐の木の成分の中に、「パウロニン」や「セサミン」を含むため。
    それらの成分は、虫を寄せ付けない効果がありますが、殺虫効果まではないそうです。

  • 柔軟性・弾力性・調湿効果

    桐の木には、実は、備長炭よりも高い調湿効果があるのです。
    調湿効果とは、タンスの内部の湿度を一定に保とうとする効果のことです。
    桐の木のような軽くて柔らかい材料は、湿度変化に応じて湿気を吸放出する能力が高いのです。

  • 素材も軽く持ち運びにも便利

    国産材木では、桐が最も軽い木材です。そのため持ち運びも簡単にすることができます。

  • 桐は発火しづらい木材になります。

    桐の木の発火点は非常に高く、425℃といわれています。
    更に、表面が炭化し水分を含むとほとんど燃えなくなるようです。
    もし火事にあっても、桐たんすが黒こげになっていても、中の着物や洋服などが無事なことが事例で多く残っています。

  • 軽くて柔らかい桐材

    桐は腐りやすいと考えられがちですが、実は極めて腐りにくい木材です。それは桐材に多量のタンニンが含まれるからです。そのため長い期間使用可能になります。

多種多様の桐はこちら

桐商品一覧
高品質で低価格な桐商品はこちら
お客様の声
商品をご購入されたお客さま頂いたレビュー
用語辞典
桐の専門用語で桐の事をもっと知ろう!

このページの先頭へ